WP Associate Post Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトかんたん導入プラグイン

ヘルプ

/ 公開日:2016年12月24日

楽天市場 / 楽天ブックスのアフィリエイト画像をhttps対応にする方法

2017年12月4日リリースのVer2.3以降では、当記事の設定は不要です。

Ver2.3で最新の楽天APIに対応したため、すべての画像が公式でhttps(SSL)にて読み込まれます。
(そのため、管理画面の「画像URLをSSL対応させる」のチェックボタンも廃止しています)

Ver2.2以下では、楽天市場 / 楽天ブックスのみ画像URLは通常ではSSL(https)に対応しておりません。
(httpsサイトで使用すると、ブラウザの開発ツールなどでは以下のように「注意」が表示されますが重大なエラーというわけではありません)

choromeの注意画面

WPアソシエイトポストでは、以下の設定画面でチェックをいれると画像URLをSSL(https)に変更することができます。

SSL設定画面

チェックを入れると以下のように画像のsrcがそれぞれ変更されます。

楽天市場・楽天ブックスの場合
通常
src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/iwakojapan/cabinet/imgrc0067933080.jpg?_ex=128x128" 
変更後
src="https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/iwakojapan/cabinet/imgrc0067933080.jpg?_ex=128x128" 

https対応のためのURL変更はAPIの規約上、改変にあたりますので使用に関しては自己責任でお願いできると幸いです。
この点について、楽天のAPI側で正式な対応措置があれば、WPアソシエイトポストプラグインでもすぐに対応する予定です。

※Amazon APIについては以下の通り、2016年12月19日時点で公式よりhttps化完了の発表があり、2016年12月30日時点で対応完了しております。

【2016年12月19日】 アップデートのお知らせ
Product Advertising API は画像URLについて https 化が完了し、現レスポンスに含まれる画像URLは、https のURLに更新されております。これをもちまして、PA-API はすべてのレスポンスで https 対応が完了したことになります。このアップデートはサービスの停止なく実施しておりご利用において影響はございません。

Product Advertising API
(https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/main.html )

メール登録して重要なお知らせを見逃さないようにしよう!

プラグインアップデートの際、“サイトの設定を確認した上でバージョンアップしないと広告が一時表示されなくなる”など、重要なお知らせを含む場合があります。
このような注意事項を見逃さないよう、なるべくメール登録いただくことをオススメしています。 (その他、以下のお知らせを送付する場合がございます)

  • 重大な不具合や、仕様変更のお知らせ
  • 便利な新ツールや新サービスのお知らせ
  • アンケート・開発協力のご案内

広告メールを大量に送りつけたり第三者にアドレスを提供することはありません、またいつでも1クリックで解除いただけます。

Powerd by acmailer.

『開発継続のための支援をしてもいい』と思われましたら

当プラグインをご利用後、気に入っていただき『開発継続のための支援をしてもいい』と思われましたら、以下ページよりご支援いただけますと嬉しく思います。

WPアソシエイトポストの開発を支援する

今後とも「WPアソシエイトポストR2」をよろしくお願いいたします。

ヘルプ記事 一覧へ