WP Associate Post Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトかんたん導入プラグイン

ヘルプ

更新日: / 公開日:

プラグインを有効化できない?WordPressのバージョンとサーバのPHPのバージョンを確認する方法

WPアソシエイトポストの2017年9月時点の最新バージョンは、WordPress4.0以上、PHPバージョン5.3以上に対応しています。

プラグインをインストール時、以下の画像のように「重大なエラーを引き起こしたためプラグインを有効化できませんでした」等と表示された場合は、サーバのPHPのバージョンが古いために(PHP5.2以下)、使用できない可能性があります。

phpver_error

この記事では、WordPressおよびPHP、それぞれのバージョンを確認する方法を紹介します。

WordPressのバージョン確認方法

すでにインストールされたWordPressのバージョンを確認する場合、[WordPressにログイン]→[左上にあるロゴをクリック]します。
ロゴをクリックするとページ遷移し、そのページにバージョンが記載されています。

WordPress3.Xの画面例

wordpressバージョン確認3

WordPress4.Xの画面例

wordpressバージョン確認4

サーバのPHPのバージョン確認方法

サーバのPHPのバージョン確認の方法は、レンタルサーバの場合であれば、基本的にサーバの管理画面(コントロールパネル)などに記載されています。

ここでは、一例として以下の3つのレンタルサーバでのPHPバージョン確認方法を紹介します。

  • ロリポップレンタルサーバ
  • さくらインターネット(スタンダード)
  • Xserver
ロリポップレンタルサーバの場合

ユーザー専用ページにログイン後、サイドメニューの[WEBツール]→[PHP設定]で確認できます。

PHPバージョン確認ロリポップ

さくらインターネット(スタンダード)の場合

コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの[PHPのバージョン選択から確認できます。

PHPバージョン確認さくらスタンダード

Xserverの場合

サーバーパネルにログイン後、サイドメニューの[PHP Ver.切替]で確認できます。

PHPバージョン確認Xserver

phpinfo()関数を使用した場合

その他、サーバ内に設置した任意のPHPファイルに以下の「phpinfo()」関数を記載し、ブラウザでそのファイルにアクセスすることでPHPのバージョンを確認することもできます。

<?php phpinfo();?>

phpinfoで確認

※ただし、プログラムにあまり詳しくない方の場合は、こちらの方法による確認はファイル等を破損したり、セキュリティリスクに繋がりますので、なるべくサーバの「管理画面内にある記載」から確認をするようにしてください。

ヘルプ記事 一覧へ